安芸の宮島で旅館をお探しなら

〒739-0522 広島県廿日市市宮島町もみじ谷 
宮島フェリー港から徒歩15分、駐車場あり

 

昨年当館でG7広島サミットのワーキングディナーに披露された波多野華涯氏の屏風が、この度東京でお披露目されることになりました。

作品は岸田総理の後ろにある2双の墨絵の屏風

波多野華涯(1863-1944)

文久3年大阪生まれ。名は元。明治8年に跡見花蹊が東京・神田猿楽町に開校した跡見学校(のちの跡見学園)の第一期生となった。在学中に画家でもあった跡見花蹊に師事して花崖の号を受け、ついで滝和亭について南画を修めた。詩を河野春帆に、文を藤沢南涯に学んだ。大正5年ころから岡山の内山下桜馬場に住み、「有香社」を主宰して南画の普及につとめ、多くの女性門下生を育てた。昭和19年、82歳で死去した。

(画人伝より抜粋)

https://yuagariart.com/uag/okayama18/

 今年は奇しくもこの屏風が描かれてちょうど100年目の年にあたるそうです。

会場    ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

住所    東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7

期間    6/11 ~ 8/18

案内パンフレットは以下の通り

 

ぜひ機会がございましたら、お立ち寄りください。

 

【関連記事】

岩惣に訪れた偉人の作品⑧ 表千家第13代家元 即中斎宗匠(千宗左)作品

 

お問い合わせはお気軽に

お電話でのお問合せはこちら

0829-44-2233

フォームは24時間受付中。お気軽にご連絡ください。

新着情報

2024年6月9日
ホームページを更新しました。
2024年6月5日
ホームページを更新しました。
2024年6月1日
ホームページを更新しました。

アクセス

0829-44-2233
住所

〒739-0522
広島県廿日市市宮島町もみじ谷

宮島フェリー港から徒歩15分 
駐車場あり